育毛剤で起死回生を狙う

育毛剤で起死回生を狙う

 

入浴は二日に一回、または三日に一回、という実に不潔な生活をしており、食事はインスタントラーメン、タバコは一日一箱吸う、髪の毛は自然乾燥、髪の毛を染める、そんな生活をしていた私、気付けは頭の天辺からはげかかっていました。

 

頭の天辺ですのでごまかしが効きません。

 

おじいちゃん、おばあちゃんならばはげていても自分も気にしないでしょうし、誰も気にしないし非難しないでしょう。

 

しかし、自分は20代の健全な男性なのです。

 

はげてしまうと気にしてしまいますし、はげているがゆえに女性からもはげ、というだけで恋愛対象外となり、まるでその辺を歩いているおじいちゃんのような扱いをされてしまい、気にしてもらえませんが、彼女が欲しい自分にとっては気にしてもらえないと困ります。

 

育毛剤 成分 http://www.bio-racer.com/

 

はげている、というだけでこのままでは生涯彼女ができないかもしれない、焦った自分は育毛剤で起死回生を狙い始めました。

 

はげなんて人事であると思っていましたが、自分がはげてしまうと死活問題となってしまいます。

 

購入をした育毛剤はインターネットで良く効く、髪の毛が生えやすい、と有名な育毛剤でした。

 

利用をしてから数ヶ月が経過しますが、頭皮のハゲの領域が狭まってきました。

 

なんとか起死回生できそうです。

男性型脱毛症に効果的な育毛剤について

 

男性の中には、AGAという症状に悩んでいる人がたくさんいます。

 

このAGAは「男性型脱毛症」のことです。

 

頭頂部あるいは額の生え際から、薄毛や抜け毛が進行するのが特徴です。

 

もしくは、両方の箇所が同時に薄毛となるケースもあります。

 

男性型脱毛症の原因は、ジヒドロテストステロンという男性ホルモンです。

 

こちらがヘアサイクルを乱し、髪の成長期を阻害します。

 

すると、髪が成長を終える前に抜け落ちてしまうため、薄毛になるのです。

 

男性型脱毛症を改善するには、男性ホルモンの分泌や作用を抑制する育毛剤を使用するのがベストです。

 

このタイプの育毛剤には、フィナステリドやノコギリヤシなどの有効成分が含まれています。

 

これらはテストステロンという男性ホルモンと、5αリダクターゼという酵素が結合するのを防ぎます。

 

これによってジヒドロテストステロンの生成を抑制するのです。

 

結果的にヘアサイクルが正常化され、抜け毛が減少するというわけです。

 

専門医の診断で男性型脱毛症だと判明したら、それに見合った育毛剤を処方してもらいましょう。

 

一般的傾向としては、服用を始めてから3〜6か月ほどすると効果が実感できるといわれています。

 

自己判断で使用を中止したりせず、医師の指示に従って正しく服用しましょう。

 

本当に効果のある育毛剤とは?

本当に効果のある育毛剤とは?

 

育毛剤は、星の数ほどあるといってもいいくらい多くの種類があります。

 

その中から自分に合う育毛剤を探すことはかなり大変な作業です。

 

確かに根気強い作業が必要なのは間違いのないことですが、どうすればある程度範囲を狭めて探すことができるでしょうか?

 

そのひとつの方法は成分に注目することです。

 

自分の状況に合った成分を知っているならば、その成分が多く含まれた育毛剤を探せばよいからです。

 

ひとつの効果としては、男性ホルモンを抑制する効果のある成分です。

 

男性ホルモンは男性の薄毛の原因のひとつとなっていますので、男性型脱毛症の人にはこれに効く成分が配合してある育毛剤を選ぶことが出来るでしょう。

 

男性ホルモンを抑制する成分として有名なのは、プロペシアやアボダート、オウゴンエキス、冬虫夏草エキスなどです。

 

もうひとつの代表的な成分としては、血管拡張成分です。

 

頭皮の血行をよくして血流が良くなることで育毛促進を図ろうというものです。

 

これに有効とされる成分としては、ミノキシジル、フィナステリド、トウガラシチンキ、ショウガエキス、ゴマ油やエビネエキスなどです。

 

こうした成分に注目して含有量で比較してゆくと、本当に効果のある育毛剤が見えてくるのではないでしょうか?

 

ポイントとなるのは、自分の症状を知ることと、成分の効果を知ることです。

 

しっかりと分析して効果を実感してください!